読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ週刊 JKT48推し!

結成当初からJKT48箱推しヲタのブログ。Blog yang pnya JKT48 Wota dari Japan

JKT48 ラマダン ミート&グリート チャリティーオークションのレポート

このエントリは旧ブログ「ジャカルタのふろしき。」 2013-07-21 からの再掲載です。

f:id:mori17:20130718082705j:plain
2013年7月20日 detikhot Arti Idol Dimata Member JKT48

なぜラマダンにチャリティー?

イスラム教徒(以下ムスリム)はヒジュラ歴の第9月を断食月(ラマダン)とし、日が昇ってから日没まで断食をする。
そしてインドネシアにはムスリムが多く、それに配慮する形でラマダン中はあらゆる興行が禁止されている。じゃあなぜTVは大丈夫なのかとか、色々疑問はあるけど、そういうことになっている。

その慣習に配慮し、JKT48の劇場公演も断食月は行われない。そのかわりに、トークショーや動画鑑賞会、掲題のチャリティイベントが行われる。ムスリムの義務として課せられる「五行」のなかに、収入の一部を困窮者に施すことを意味する「喜捨」があり、チャリティは日本におけるそれよりも一般的なものである。
 
メンバーにもムスリムが多く、彼らの慣習では午後6時頃に断食開けの食事をとるため、イベントも少し遅めの午後8時となっている。

一昨日そのチャリティイベントに参加してきたのでレポート。今回は文字に起こされてるレポートでは一番詳しい自信がある。なんせ7000文字超えてしまったし。新聞と違ってウェブだと文字制限無いので。




7月18日、場所はJKT48劇場、午後8時開演のはずが15分くらい遅れて開演。

参加メンバーは以下の通り。出てきたときの並びで向かって左から。
ロナ、カリン、イカ、ジェジェ、ガイダ、ステラ、メロディー、デリア、ノビ、ハンナ。

一期生は白のTシャツ、二期生は赤のTシャツに、下は全員スキニージーンズ。ほとんどの子がスニーカーで、メロディがちょっともこもこのついたショートブーツ、ステラがマーティンのブーツ。

イベント内目次

■挨拶 自己紹介
■ゲーム1
■座ってのトークセッション
■ゲーム2
■チャリティーオークション
■募金タイム
■メンバー全員で歌のパフォーマンス
■ハイタッチ

自己紹介

影アナはなく、オーバーチュアが始まって、メンバーの登場。
まずは挨拶と自己紹介から。
あんまり聞き取れなかったんだけど、ステラが「プアサあけでおなかい~っぱい、ステラです」みたいな自己紹介しててめっちゃウケてた。インドネシア語で満腹のことを「クニャン」ていうんだけど、「おなかい~っぱい」っていうところがインドネシア語で「クニャンクニャン」て照れながら言ってたので語感も含めてめっちゃ可愛かった。
ガイダも「モスクから来ました、ガイダです」みたいなこと言ってて、全体的にラマダン仕様の挨拶をしてた。

二期生はロナとノビ以外はいつも通りの自己紹介(短縮版)してて、まだまだステージ慣れしてない感じが伺えた。アドリブが効かない感じ。一期生がのびのびとはしゃいでたことも相まって、二期生の表情がめっちゃ固かった印象。
劇場ではしゃいでるメンバーもテレビとかの外仕事だと緊張したりしてるので、劇場ですらはしゃげないと今後が思いやられるぞ。頑張れ二期生!

ゲーム1

挨拶した後は、唐突にゲームが始まった。
劇場のmcでもたまにやるクイズで、回答者を一人選び、スケッチブックにキーワードを書く。そしてその回答者のみがキーワードを見えない状態で、答えを当てるというクイズ。回答者の後ろにスケッチブックを持って立つ担当が一人と、回答者にヒントを出す担当の計3人で行われる。
たとえばキーワードが「いちご」だった場合、回答者が「食べ物の名前?」と聞くと、ヒント担当者がYESかNOを答えて、答えを狭めて行く流れ。
ちなみに、ジャカルタコンサートの二日目のMCでも行われてた。

何人かがクイズをこなしていったわけだけど、一番面白かったのはステラが回答者で、ヒントを出すのがジェジェ、スケッチブックもつ担当がメロディー、キーワードが「メロディー」だった回。

まずはステラが「食べ物の名前?」とか「ブランドの名前?」とか聞いたりするけど、ジェジェが全然違う、と答える。そのうち、ステラが「JKTのメンバーの名前?」ときくと、ジェジェが「そう」と答え、ここから答えに近づいて行く。

次にステラがジェジェに「年寄りな人?」と訊ねると「YES」の答えが返ってくる。この辺でステラはキーワードがメロディなことに気づいたっぽいんだけど、その後もメロディーに意地悪するために「ブサイクな人?」とか聞いて、ジェジェが「YES」と答え、間接的にメロディーをいじる流れになった。

ステラの後ろで、答えを言う訳に行かないので、メロディーが表情のみでジェジェに抗議する感じがすごい可愛かった。

あと、イカが回答者のとき、一期生含め全員からいい感じにいじられてておもしろかった。このくだりも面白かったんだけど文字にするのはメロディーの件よりも難しいのでやめておく。

座ってのトークセッション

出てきたときから椅子がステージ上に並んでいて、ようやく着席。最初に出てきたときとは並びが変わって、向かって左側が一期生、右側に二期生がかたまって着席。
最初のトークテーマは「アイドルって何?」という深いテーマ。閑話休題的に「最近ハマっていること」とかじゃないのが、日本とは少し違う。
メロディーやステラ、ロナがいいこと言ってるっぽい雰囲気だったけど、正直あんまり聞き取れなかった。
聞き取れた範囲では「アイドルって言うのは、生き方の参考になるような、憧れられる存在」みたいなことを、みんな言い方を変えて言ってたっぽい。
みんな似たようなことを言っている中、研究生のデリアが「アイドルって言うのはメロディーみたいな人のこと」と言って、メロディーがびっくりしながらめっちゃ照れてたのが可愛かった。
書き起こししてて気づいたけど、メロディーのことばっか書いてないか?推しじゃなくても目を引く魅力ってすごいな。やっぱり不動のセンターなだけあるわ。

最初のトークテーマが終わった後、メロディが「他に話したいことがある人は?」と聞いたところ、ノビが真っ先に手を上げ「よりよいアイドルになるためにはどうすればいいか」と一期生に質問をした。こういうときに真っ先に手を上げたり、MCのときにいつもグイグイ、めっちゃ声はってるノフィンタ。ひいき目なしで、二期生の中ではMCとかトークで絶対必要な存在なんだよなあ。こういうとこ大好き。昇格できなかったけど引き続き頑張ってほしい。

ステラがちょっと照れながら「これは真面目なトークセッションだからね」と前置きをしながら、「一にも二にも練習あるのみ、失敗しない人はいないんだから、めげずに努力し続けるのみ」みたいなこと言ってた。今はJKT48も人気出てきたけど、専用劇場がないときからドサまわりしてた頃思い出すと(そのころはファンじゃなかったけど、何回かイベント見たことある)、10代の割には実感こもってる言葉だよなあと思った。

そのあとメロディーが「他に質問ある人は?」とふっても誰も手を上げないので、ロナがジェジェに何か質問してた。ジェジェも「真面目なこと言うのは照れるけど」みたいな前置きしてから答えてた。
他の二期生頑張れよ、もっとぐいぐいこいよ!って感じだった。こういうの見るにつけノフィンタが落ちた理由が分からない。深読みするならJの空いたポストに入れるためか、もしくは研究生のみでの公演も考えてるため、仕切れる人を全員昇格させる訳にはいかなかったとか、、、。話がずれてきたので元に戻す。

このジェジェとロナのやり取りは、聞き取りの力が尽きて全然聞き取れなかった。語学力低い状態でトークセッション聞くのってかなり神経使うことを改めて感じた。

ゲーム2:借り物競走

トークセッションが終わり、次のゲームへ。
今回はいわゆる借り物競走。審判の指定したアイテムを、メンバーが客席から集めてきて、早い方の勝ちというルール。メロディーチームとステラチームに別れ、審判はデリアとハンナでゲームスタート。
一回目のお題は「高校の学生証3枚」。スタートのかけ声と同時にたくさんのファンが立ち上がり、学生証を持ってる人が多すぎて収拾のつかない事態になった。会場の5分1くらいが立ち上がったと思う。の高校生こんなにいるのかよ、、、と
驚いた。
メロディーチームがそつなく3枚集めてきたのに対し、ジェジェとステラが学生証を20枚くらいもってくるなど暴走を始める。返すだけでも時間がかかり、メロディがあきれていた。姉さん真面目だなあ。
その他にも「帽子をかぶってる人」とか「ベルト」がお題になっていた。ベルトをみんな即座に外してメンバーに渡してる姿はシュールだった。
「既婚者」がお題のときは、両チーム合わせても3人しか見つけることができず、熱心なオタって独身が多いんだなあ、、というのを改めて認識した。恥ずかしがって出てこなかった人もいるだろうけど、それにしても少ないだろ。300人中3人て。。

一応チーム対決だったので、負けチームは罰ゲーム。ステラ、ジェジェ、イカ、ロナが自分の名前を尻文字で書くという罰ゲームだった。ここでメロディが「一番お尻が大きいのは誰だった?ステラかな」と冒頭のクイズでいじられたときのお返ししてたのが面白かった。姉さん以外に根に持つタイプなのね。

チャリティオークション

ゲームが一段落すると、チャリティオークションが始まった。メンバーの私物が出品されるファンには嬉しいイベント。落札の際にものをメンバーから手渡され、チェキでの写真撮影も込み。現在ジャカルタでは写メ会は行われていないため、唯一の写真撮影チャンスとも言える。
出品者はハンナ、ロナ、ステラ、メロディーの四人。ノフィンタ出品してたら狙ったんだけどな。残念。

f:id:mori17:20371231235959j:plain
2013年07月20日 じゃかるた新聞 JKT48がチャリティー 孤児のために歌おう 

ハンナは紫のフード付きジャケットを出品。小学校のときに母からもらったとのこと。そのわりにはめっちゃきれいだった気がする。あんまり着てなかったのかな。 5万ルピアからスタートして、88万5千ルピア(8850円くらい)で落札。

ロナは黄色のスタッズ付きブレスを出品。 3万ルピアからスタートし、45万ルピア(4500円くらい)で落札。

f:id:mori17:20130721143507j:plain
2013年7月20日 Jawa Pos Topi Kembar Laku Mahal

ステラはニット帽とプライベートチェキ写真二枚を出品。2007年購入とのことで、ツイッターでアップされるプライベートでの写真に時々写ってるのを見かけたことがある。ステラは色違いのニット帽二つもってステージ上に来て、一つを出品、ひとつは引き続き使うとのこと。ステラとお揃いの帽子をゲットし、お揃いの帽子をかぶってチェキ撮影というファンならぜひとも落札したいもの。5万ルピアからスタートして2百万ルピア(2万円くらい)で落札。

最後にメロディは上品なスカーフを出品。5万ルピアからスタートしたけど、値段の上がり幅がえげつなかった。さすがの人気っぷり。前の三人の場合、1万ルピアとか5万ルピア(100円とか500円)きざみで上がって行ったけど、このオークションでは5万ルピア(500円くらい)→50万ルピア(5000円くらい)→100万ルピア(一万円くらい)とがんがん値段がつり上がって行く。ジェジェがオークション仕切りの役をやっていて、あおるのがうまい。途中、450万ルピアくらいになったところで、ジェジェから「どうせだから480万までいっちゃおうよ」的な煽り文句が入った。会場からも48コールが始まり、結局480万で落札。
策札者が壇上に上がり、メロディーからスカーフを肩にかけてもらい、サインをしてもらって記念撮影。ちなみに、この落札者はステラのニット帽も落札した人だった。金持ってんなあ。
イベント終わりで本人に話聞いたところ、年齢は22歳、建設会社勤務でメロディー推しとのこと。それだけでそんなにお金持ってる分けないよね?とかなり失礼な質問をしてみたところ、赤ちゃん向け洋服の小さい会社を経営しているとのこと。確かにほかのオタに比べて服のセンスが良かった。赤ちゃん向けとはいえ洋服を扱ってるのがその理由だったのか、とひとりで納得。


後半二人のオークションの際、値段のつり上がり方に壇上のメンバー、特にに規制が若干ひいてたように見えた。「自分たちの給料より全然高いじゃん」的な感情を持ってたんじゃないかな。ステラの帽子は若干欲しかったけど、金にものを言わせる的なレースにはなるべく参加したくなかったし、壇上でひいてるメンバーの顔を見たときに、参加しなくてよかったと思った。

オークションが終わった後、募金タイム。半分のメンバーがハコを持って募金にまわり、半分は壇上でBGM的な感じでアカペラヘビーローテーションを歌ってた。JKTはアカペラでもけっこう聞けるんだよな。全体的に歌が下手ではない。

パフォーマンス

募金も終わったところで、メロディーが「最後に歌を歌って閉めるね」といい、ミュージックスタート。ポニシュが流れ、メンバー全員が歌った。フォーメーションはとらずフリーな感じで、振り付け通りに踊る子もいれば、隣のメンバーとはしゃぎながら歌ってる子もいた。
ジェジェは観客いじりながら、最前列の子の口元にマイクもっていって歌わせたりしてた。あいかわらずフリーダム。

曲が終わって、メロディーが「じゃあこれでおわりね、、」って言いかけたところで客席からアンコールのい大合唱。ステラが「何歌ってほしいの?」と客席を煽ってリクエスト受け付け始めたところで、スタッフがステージ下まで飛んできた。どうやらポニシュ以外音源用意してない様子。スタッフの声おかまいなしでアカペラでリクエスト聞き続けてるステラ。客席からはBINGO!と二人の自転車の声が多かった。

メロディも観念した様子で「(一期生も二期生も)みんなが歌える曲は何かな?」とメンバーに尋ねながら考え始めるも、ステラが暴走して「おっけー、じゃあビンゴの後にふたりね」といいながら、ビンゴを歌い始めた。ここから全部アカペラ。
とりあえずみんなステラの歌に合わせて歌い始めるも、一期生は歌詞をあんまり覚えていない様子。ジャカルタコンサートで全員で歌ったことあるけど、一期生は最後のサビ一回だけしか出演してないので、歌詞を覚えてる子は少ないのも仕方ない。途中からロナが歌って引っ張ってた。

その後はみんなで二人の自転車を、一番全部歌いきった。この辺りからステラとジェジェの暴走が始まる。
メンバーや観客の声は聞かず、自分たちで曲を決めたり、歌い始める始末。

ステラ「あ、あれとかいいじゃん、天使のしっぽ!」ジェジェ「誰がいいかな、ガイダとノビと、、、あとメロディーやりなよ」と強引にメンバーを引っ張りだし、歌い始める。
ガイダ、ノフィンタ、メロディ、あとなぜかステラも混ざって「天使のしっぽ」
サビを披露。メロディとステラが途中照れてやめてしまったので、ガイダとノフィンタで最後までやりきった。
それが終わると、ステラ「あ、あれとかいいじゃん、ひまわり!」ジェジェ「どんな曲だっけ」といいながら歌詞もわからないのに「ララララララ‥」みたいな感じで歌い始めて、それに乗っかる形でサビワンフレーズだけ全員歌った。メロははずかしがってのらない。はじっこの方でひまわり担当のノビがちゃんと歌ってた。

ジェジェ「あれとかいいじゃん、あいどる、、、なんて曲だっけ?」ロナ「アイドルなんてよばないで、でしょ」っていいながら歌いだすと、みんなで合唱。メロディーが小さい動きで踊ってて、可愛かった。この振り付けおぼえてるってことは、この曲やりたいと密かに思ってたんだろうか。

ステラ「あと、ツンデレとかいいじゃん」っていいながらサビの「だって私ツンデレ!」ってとこワンフレーズだけ一人でやってた。親指口にもってって、見栄きるポーズのとこかわゆす。

最後に、ジェジェが真夏のクリスマスローズ歌いだして、さびだけみんなで合唱に。途中からステラが「真夏~のラマ~ダ~ン」って替え歌しだして、ジェジェと替え歌のかぶせ合いが始まった。「THR(日本で言うお年玉的なもの)ちょうだ~い」とかラマダンにかけた替え歌のかぶせ合いに観客も沸いてた。

ステラとジェジェもさすがに疲れたのか、ここで終了。

オークションと募金で集まった金額を発表して終了。
集まった金額はオークション:8百13万5千ルピア、募金:6百15万5千ルピアで、計14万円くら集まった計算。みんな見栄はって無理してないかな。ちょっと心配。

最後にハイタッチして終了。
ムスリム色がところどころに現れてて、48Gのフォーマットは同じながらも、その基盤の上に全然違う文化が乗っかっている、いい意味でローカライズできてることが感じられたイベントだった。

以上チャリティイベントリポートでした。