読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ週刊 JKT48推し!

結成当初からJKT48箱推しヲタのブログ。Blog yang pnya JKT48 Wota dari Japan

AKB48の姉妹アイドルグループJKT48が結成から3年間で成し遂げたこと

評論

f:id:mori17:20141104132209j:plain:w450
写真:6thシングル「ギンガムチェック」握手会(2014年10月)後のミニライブにて

もくじ

◆はじめに
◆劇場公演は連日満員
◆好調なCD売上
◆テレビ出演多数
◆全国ツアーや大箱ライブを経験
◆日イ双方で観光大使就任
◆大きな音楽賞受賞
◆主演映画製作
◆タイアップ企業多数

はじめに

2011年11月に結成されたAKB48の姉妹アイドルグループ、JKT48。彼女たちが駆け抜けてきた3年は長いようであっという間の出来事だった。アイドルという概念のない異国の地で、文字通りゼロから市場を切り開いてきた活動の軌跡。ストーリー仕立てに語るための取材を現在しているが、まずは象徴的な出来事を紹介したい。書き出してみると、結成からまだ3年しか経っていないことに驚かざるをえない内容となった。

メンバーたちも同じ気持のようで、みんな「もう3年も経ったなんて信じられない」というようなコメントをしている。
参照:【翻訳】今日11月2日はJKT48結成3周年!一期生メンバーのコメントまとめ - JKT48推し!


冒頭の写真を貼り付けた時に、「こんなに多くのメンバーがいるのか…」と改めて驚いてしまった。結成当時は28人だったメンバーが半年足らずで24人に減ったときには、このままで大丈夫なのか…?と不安を抱いたのを覚えている。

それが今では70人を超えるメンバーが在籍する大きなグループへと成長。結成3周年を迎えた彼女たちが、これまでに成し遂げた功績をまとめてみます。

ぼくのブログエントリは長文が多く、よみづらいという声もいただいたので、今回は本当に駆け足で、それぞれの項目を紹介します。

劇場公演は連日満員

f:id:mori17:20141104132728j:plain:w400
写真:会場を待つファンたち 2012年12月

2012年の9月に専用劇場が完成。ぼくが劇場に通い始めたのは、完成から半年ほど過ぎた頃だったのだけど、その頃には公演チケットの入手は簡単ではなかった。出演メンバーやチームにもよるが、人気メンバーが多数出演している日の倍率はかなり高いといえる。ファンクラブの有料会員になり、複数回申し込みしたとしても、当たらないことがしばしば。

好調なCD売上

f:id:mori17:20130703182930j:plain:w400
写真:筆者が購入した2ndシングル

2013年2月に1stアルバム発売したのを皮切りとして、2014年11月現在までの1年半強で、計8枚のCD(7枚のシングルと1枚のアルバム)を発売した。

現在ソースが手元にないのだけれど、アルバムが発売半年で数万枚売れていたと記憶している。そして各シングルにおける握手会の来場者数が1万人近いこと、握手券のために複数CDを購入する人が多いことを考えると、それぞれ1万枚以上は売り上げているはず。

海賊版が横行し、国内音楽CD総売上(1年分)が1200万枚程度(一般社団法人日本レコード協会2004年データ http://www.riaj.or.jp/data/others/country_sales.html )のインドネシアにおいては相当大きい数字である。

大盛況の握手会

f:id:mori17:20140223161834j:plain:w400
写真:2014年3月シングル「真夏のSounds good !」握手会会場の様子

1stアルバムと、1stシングル〜6thシングルの発売に合わせて、計7回の個別握手会を開催。
第一回はJKT48劇場内、2回目は劇場があるモールの3階ぶち抜き、3回目は別のショッピングモールの広場…とどんどん会場の規模が大きくなっていった。4回目〜6回目は就職フェアなどが行われる大きな催事場で行われ、7回目はついにインドネシア国際モーターショーやジャワジャズフェスティバルなどが行われる催事場での開催に至った。

参照:
"握手会レポート" - 記事一覧 - JKT48推し!

テレビ出演多数

f:id:mori17:20141104134241j:plain:w350
写真:音楽番組「Dahsyat」に出演するJKT48メンバー(2014年6月)Fans Familly 48より

JKT48は結成直後から2大有名音楽番組である「100%Ampuh」「Dahsyat」への頻繁な出演に加え、下記の通り冠番組4つ持ったことがある。
「JKT48 School」
「JKT48 Mission」
「JKT48 Story」
「iclub48」(現在放送中)

それぞれの視聴率は突出した数字を残すことはなく、中には打ち切られた番組もあるが、結成から日が浅いにもかかわらず冠番組を複数持ったことがあるというのは、期待の現れでもある。

全国ツアーや大箱ライブを経験

f:id:mori17:20141104140052j:plain:w400
写真:JKT48 2周年記念コンサート JCCにて(2013年12月)http://imajineshon.com/より

2013年の6月・7月に初の5ヶ所の全国ワンマンツアーを開始、今年2014年には文字通り国内34州全国ツアーを行っている。これは国の経済規模と個々人の可処分所得を考えると、相当の有名アーティストでないと成し得ない偉業とも言える。

また、前述の5ヶ所ワンマンツアーの締めで、ジャカルタの「テニスインドア」という会場でライブを行った。これはJason Mrazなど、海外の有名アーティストがライブを行う〜2000人規模の会場である。

さらに、JKT48の2周年記念コンサートではJCC(ジャカルタコンベンションセンター)という、非常に大規模な催事場(〜5000人規模)でのライブを行った。

結成から2年足らずでこれほどの規模のコンサートを成功させているのは、すごいの一言。

参照:【速報・翻訳】JKT48全国34州ツアー開催決定とその大きな意味 - JKT48推し!

日イ双方で観光大使就任

f:id:mori17:20140915161425j:plain:w450
写真:在インドネシア日本大使公邸で開かれた、ジャカルタ日本祭りの開会式(2014年09月14日)
左からガイダ、鹿取大使、メロディ、アホック副知事(当時、現知事)、小林委員長、仲川遥香、近野莉菜 liputan6.comより

2013年と、2014年にはJKT48のメンバー・メロディが岡山県から「岡山フルーツ大使」に任命され、イベント等の出演を果たした。また今年はJKT48が、インドネシアの首都ジャカルタの州政府から、「ENJOY JAKARTA大使」という名で、観光大使に任命された。州政府から仕事を受けたというのは、知名度が高まった証であり、文字通り日本とインドネシアの架け橋となりつつある。

参照:【速報・朗報】JKT48がジャカルタ観光大使に任命、日本人観光客誘致の柱に 名実ともに日イの架け橋に - JKT48推し!

大きな音楽賞受賞

f:id:mori17:20141104134904j:plain:w320
写真:AMIアワードのトロフィーを持つ仲川遥香 JKT48 and "NaKiYuVa" oshimenより

インドネシアのグラミー賞ともいわれる、国内で最も名誉ある音楽賞、AMIアワード。JKT48は2014年のこの賞で、「Best Pop/Urban Vocal Group」「 Best Production for a Vocal Group 」を受賞した。CDの好調な売上や、知名度上昇がその理由だろう。
ちなみに受賞したのは2013年5月に発売した1stシングル「River」なので、インドネシアのCDリリースから評価までのサイクルが非常に遅いことがわかる。

参照:JKT48がAMIアワード受賞 - 知名度上昇の証とカバーである弱み露呈 - JKT48推し!

主演映画製作

f:id:mori17:20141104135547j:plain:w350
写真:JKT48主演映画「VIVA JKT48」のポスター

JKT48主演映画「VIVA JKT48」が、2014年3月10日から撮影を開始、6月5日から劇場公開された。なんという弾丸スケジュール…。

海賊版が多く、CDが売れない国。これはインドネシアに限らず、新興国共通のテーマ。芸能人の人気を計る最大の指標は、映画の観客動員数となっている。まずは主演映画が制作されることがひとつ。人気があると思われるから映画が制作される。

そして2ステップ目は映画がヒットするかどうか。その意味では映画「VIVA JKT48」の興行成績はあまりよいものではなかった。しかし48GなどのアイドルはDVDなどのグッズの売上には強いはず。DVDなどが発売された場合、その売上によっては挽回のチャンスが有るはず。

JKT48として日本の音楽フェスに出演

f:id:mori17:20140912184309j:plain:w400
写真:アイドルのフェス「@JAM EXPO 2014」に出演するJKT48

2014年8月に行われた、音楽フェス「@JAM EXPO 2014」。総勢100組のグループが、横浜アリーナに一堂に集結したイベントにJKT48は出演した。

今までAKB48のイベントにサプライズ的に出演するに留まっていたが、今回はJKT48としての出演。横浜アリーナのメインステージでパフォーマンスをするJKT48に大きな声援が送られる光景は夢のようだった。他のアイドル目当てで来ているお客さんの反応も概ね良好。

仲川遥香が移籍当初から公言していた「日本でのコンサートをやりたい」という夢を半分叶えたこととなった。遥香の次の目標は単独コンサート。実現したら絶対に見に行くぞ!!

参照:
JKT48ライブin横浜アリーナ @JAM EXPO2014レポート 前編 - JKT48推し!

JKT48ライブin横浜アリーナ @JAM EXPO2014レポート後編と、JKT48が日本で好評を博すことの意味 - JKT48推し!

次の目標は武道館で単独ライブ! JKT48仲川遥香と握手|6thシングル「ギンガムチェック」個別握手会レポート - JKT48推し!

タイアップ企業多数

f:id:mori17:20140606025951j:plain:w400
写真:ポカリスエットのビルボード広告
f:id:mori17:20140927151759j:plain:w400
写真:インドネシア国際モーターショーHONDAブース

JKT48の運営を務める電通インドネシア。JKT48結成初期の露出の多くは、日系起業のCMに起用によるものだった。電通が現地で担当しているクライアント、大手日系企業が初期のJKT48を育てた、といっても過言ではない。

2014年に入ってからは、日系企業だけでなく現地大企業のCMにも起用され始めた。これは現地での知名度が上がってきた証拠であり、非常におおきな出来事といえる。

以下はその一覧。抜け漏れを発見された方はぜひご一報ください。

日本常盤薬品工業
大塚製薬
花王
SHARP
グリコ
Indosat(現地二番手通信キャリア)
Honda(四輪)
ロート
ユニ・チャーム
Sido Muncul(現地有名漢方薬メーカー)
スカパーJSAT
YAMAHA 
YUPI(お菓子メーカー)
カカオトーク
楽天
ローソン

参照:
JKT48×ローソン コラボ企画 店舗レポート - JKT48推し!

JKT48✕HONDA・ブリオ 店頭配布のパンフレット - JKT48推し!

JKT48✕グリコ・ポッキー 遥香メインのポップと売り場の様子、キャンペーン内容 - JKT48推し!

おわり

以上、「AKB48の姉妹アイドルグループJKT48が結成から3年間で成し遂げたこと」でした。駆け足なので網羅できていないこともありますが、象徴的な事項は抜けていないはず。

このエントリをきっかけに、JKT48に興味を持つ方がひとりでも増えたらとても嬉しいです。