読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ週刊 JKT48推し!

結成当初からJKT48箱推しヲタのブログ。Blog yang pnya JKT48 Wota dari Japan

AKB48出演のミュージックステーション(2014/6/27)観覧レポート

イベントレポート AKB48

f:id:mori17:20140628215557j:plain:w400
ミュージックステーション映像 キャプチャ

もくじ
◆集合
◆ランスルー
◆再集合までロビーで時間潰す
◆本番

集合

f:id:mori17:20140627180529j:plain:w300
整理券

17:30。テレビ朝日ロビー入り口付近に集合。当選番号と身分証明書確認し、整理券を渡される。この作業の最中に雨土砂降りになり、ほとんどの人はとりあえず離散して雨宿りに向かうが、1割くらいはスタッフの指示があるまで動かずに、その場に留まっていた。軍隊のごとき規律、恐るべし日本人。

この後のリハーサル等の段取りは「SNS等で書かないでください」と言われたので割愛。

スタッフ説明の中に「AKB観覧のお客さんは、空気読みすぎて大人しい傾向があるので、盛り上がっちゃってください」というお願いがあって、評判いいのかわるいのかわからず笑ってしまった。

ランスルー

リハーサルではなく、ランスルー(本番と同じ通し稽古)からスタジオ入りしたため、メンバーがすでに目の前に。

ランスルーの曲が始まる前のメンバーを眺めていたところ、以下のような光景が目に入った。
こじはるとぱるる、たかみなとさっしー、みるきーとさえがそれぞれじゃれていて、柴田亜弥がひとりで振り付けを何度も確認していた。選抜常連組とはまだ少し距離がありそうか?

全体的にまゆゆのテンションが高めでリアクション、身振り手振り大きかった。センターの自覚だろうか。

ロビーの展示物

再集合前にテレビ朝日のロビーに展示してある番組の展示物を見たりしてた。

以下はミュージックステーションの展示物。先週の出演者のサインもあった。収録終わりで、この日の出演者のものに切り替わるのだろうか。

f:id:mori17:20140627201905j:plain:w300
ミュージックステーション展示

f:id:mori17:20140627201900j:plain:w300
本日の出演者

f:id:mori17:20140627201912j:plain:w300
NMB48のサイン

f:id:mori17:20140627201915j:plain:w300
ナオトインティライミのサイン

f:id:mori17:20140627201919j:plain:w300
椎名林檎のサイン

f:id:mori17:20140627201927j:plain:w300
ももクロのサイン

f:id:mori17:20140627201929j:plain:w300
アリアナ・グランデのサイン

本番

f:id:mori17:20140628212139p:plain:w400
一曲目ラブラドール・レトリバーの並び

以前もミュージックステーションに出演するAKB48のライブ観覧にきたことがあるのだけれど(下記URL参照)、その際は屋外ステージだったため、スタジオに入るのは初めて。思ったよりメンバーの位置が近くて驚いた。

最前列とかをのぞけば、劇場より近くないか?というレベル。

2013-12-06
AKB48ライブ観覧「ミュージックステーション 3時間スペシャル」参加レポ
http://jkt48oshi.hatenablog.jp/entry/2013/12/06/185713

一曲目ラブラドール・レトリバー

ぼくの位置から特によく見えたのはこじはる、松井玲奈、柴田亜弥、みるきー。

柴田亜弥は初めてみたのだけれど、足の筋肉と目力が凄かった。以前のMステ観覧で、須田亜香里を近くで見たのだけれど、その時感じた目力の強さと似たようなものを感じた。この二人の躍進は伊達じゃないんだなあ…という感じ。

こじはると玲奈については、もうAKB/SKEという枠組みを外れて、芸能人オーラをまとってるように思えた。

みるきーはいつもよりちょっと大人しかった気がする。曲終わりのファンへのアピールも、曲中のパフォーマンスもともに。

あと、今年の総選挙受賞コメントがイベント内一番の切れ味だった、宮脇咲良をひとめ見たいと以前から思っていたので、近くで見られたのはよかった。かわいかった(小並感)。

ヘソ出しの衣装だったのだけれど、ぱるると玲奈のおなか周りが仕上がり過ぎ。色が白過ぎ、細すぎでハグしたら折れちゃうんじゃないかって感じ。

二曲目フライングゲット

一曲目のラブラドールはステージ中央で踊っていたメンバーが、二曲目のフライングゲットでは観客のかなり近い所まで出てきていたので、ファンは大喜びだった。

一曲目とはメンバーの位置が変わり、だーすーとかがぼくの目の前あたりにいた。正直ほかに誰が近くにいたのか覚えてないくらい、彼女の存在感が大きかった。

あと、曲途中で宮澤さえがマイクスタンドにマイクを戻せなくてピンチに陥る。ぼくはハラハラドキドキしてしまって、それを見てる間は楽しめてなかったかもしれない。それに気づいたこじはる、まゆゆとのアイコンタクトからの修正すばらしかった。曲終わりでさえとこじはるが「マイクもどせなくて」「やばかったよね〜」みたいな話をしてたように見えた。

以上、AKB48出演のミュージックステーション(2014/6/27)観覧レポートでした。