読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ週刊 JKT48推し!

結成当初からJKT48箱推しヲタのブログ。Blog yang pnya JKT48 Wota dari Japan

JKT48 1stアルバム「Heavy Rotation」個別握手会 参加レポート後編 - 高城亜樹さんと握手してみた

このエントリは旧ブログ「ジャカルタのふろしき」2013-04-29の再掲載です。


握手会レポート後編


前編に引き続き、自分で実際に握手してみたレポート。
ここ二ヶ月くらいでヲタ化してきたので、完全に同志向けのレポです。

【日時】2013年4月14日
【イベント名】JKT48 1stアルバム「Heavy Rotation」個別握手会
【場所】JKT48シアター@FXモール

【高城亜樹さん、通称あきちゃ握手レポ】
 まず自分は握手券を3枚持っていたので、一度に使うことはせず三回ループした。
もっとたくさん買ってもよかったのだが、システムがよくわからず、三枚しか買えないと誤解していた。あと、初参加なのにたくさん買いすぎるとおこがましいかな、という謎の気持ちや、若干の恥ずかしさがあり、とりあえず三枚のみで、買い足さなかった。

握手1回目


写真は『ACARA-EVENT.com』の『Individual Handshake Event JKT48』(2013年4月16日)という記事より。
http://acara-event.com/individual-handshake-event-jkt48/

ブースの前に行列ができて、みんな待ちかねている中、ほっぺたに小さいシールを貼付けて、ブースに登場。冒頭の写真参照。

ぼくの所属している会社が、JKT関連の仕事もしているので(ぼくはその担当者ではない)、「お世話になってます」みたいな感じで挨拶。

「知ってる、〜(会社の略称)でしょ?」と会社の名前は覚えてもらってる様子。「○○と申します、+漢字の説明」と言うと、「あ〜あたしその漢字書けますよ」と答えてくれた。「あ〜」の声がかなり可愛くて個人的にツボった。

そのあと「でも、たまにテレビとかで漢字書けないのをお見かけしますよ」と少しいじわるしてみると「し〜」と左手の人差し指を唇に当てて、それは言っちゃダメ的なポーズ。

最後に、仕事がんばってねって言ってください、とお願いして「○○君、お仕事頑張ってね」と言ってもらった。

書き起こして思ったけど、これ絶対10秒でおさまってないな。

10秒が終わると、握手してくれたメンバーの似顔絵がプリントされた、小さいシール(冒頭の写真)をもらって終了。ほっぺに付けてるのはこれか、と納得。


もらったシール。切り方が雑。一枚しかもらえない人の方が多いので、スタッフさんがんばって。。

握手2回目


まず「また来てくれたんだ」的なことを言ってもらってテンション上がる。

「〜(会社名の略称)の○○君でしょ?」と覚えててくれた。この認知のされ方は卑怯かなと思いつつ、担当者ではないのでいちファンということで。。

ジャカルタ来てからAKBとJKTにはまったんです、と伝えると「劇場にも来てくれたんですか?」と聞かれて3回ほど言ったことがあると伝えると、「うれしい、また来てね」と言われ、もちろんまた行きますよと返事した。

MC大変そうですね、と話しかけると「そうなの、インドネシア語難しい」とちょっと弱音が出たので、がんばってください、と月並みな励ましの言葉を送って終了。

最後に、あと一回来ますと伝えると「じゃあこのシールほっぺに付けてきてね」とシールを渡された。

握手3回目


3回目のループで、さすがにガードマンにも認知されたのか、にやにやしながら「15秒許したげる」みたいなことをこっそり言ってきた。そんなこといっちゃだめだろ、と思って笑ってしまったが、この辺はインドネシアならではのゆるさ。

並んでる最中からシールをほっぺに貼るのはなんだか恥ずかしく、自分の番になる直前にほっぺたにシールを貼った。

シールをほっぺに貼付けてブースに行くと「付けてきてくれたんだ」と気づいてくれた。

この日ぼくはインドネシアブランドのミッキーマウスのパロディTシャツを着ていて、話しのネタ使って認知してもらう予定だった。
一見難の変哲もないミッキーのシャツだが、よくみると首がとれていて、生首を自分の手で持っているという若干グロテスクな絵柄。絶対ディズニーのライセンスとってないだロ的なやつ。やつらは絶対に見ているので、怖いから写真は載せない。

そのシャツをあきちゃに見せて、このシャツおもしろくない?と尋ねると「え〜残酷〜」と顔をしかめられてしまった。でも、ちょっと印象に残ったかも。

これインドネシアのブランドなんですよ、と話すと「ジャカルタの服屋どっかいいとこしらないですか?高級ブランドしかみあたらなくて」と返された。意外におしゃれスポットもありますよ、と教えてあげると「じゃあ今度教えてください」と言われた。

今度っていつだよと思いつつ、ファンレター送って色んなお店送ってあげればいいかなと思いついた。最後に総選挙も頑張ってくださいと伝え、終了。

握手会を終えて

握手会参加の前日にネットサーフィンしていると、某2chまとめブログで印象的な言葉を見つけた。

その何十秒かのためにネタを仕込み、問答を妄想し、
本番を楽しみ、友人らとレポの交換を楽しむまでが握手
10秒あって10秒ではない
あと、積み重ねて認知認識をもらった上での公演は至福w

そんなもんかな〜と思って読み飛ばしていたけど、参加後はまさにこの言葉通り。
今後の公演が楽しみだな、という期待が膨らむ。
順調にハマりはじめていて、一部の友人にどん引きされているが、まあそれもよしとしよう。

日本では個別握手券が手に入れづらいらしいですが、今回の仕組みで行けば、割と欲しいだけ手に入りそうです。20枚以上手に入れてた人もいました。さらに、わざわざ日本から来たというサプライズも含めれば、認知も比較的されやすいはず。

剥がしもかなり緩く、10秒以上話している方はざらだったので、熱心なファンの方は一度検討の価値はありかと。


以上、参加レポートでした。


各写真はJKT48公式Facebookファンページより。
http://www.facebook.com/official.JKT48