読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ週刊 JKT48推し!

結成当初からJKT48箱推しヲタのブログ。Blog yang pnya JKT48 Wota dari Japan

JKT48 3rdシングル「Fortune Cookie in Love - Fortune Cookie Yang Mencinta - 」ファン参加MV撮影レポート

イベントレポート

このエントリは旧ブログ「ジャカルタのふろしき」2013年7月30日分からの再掲載です。

f:id:mori17:20130730125127p:plain
写真:ツイッターアカウント@rucikiより。スタッフの一人らしいが詳細は不明。
セッション③屋外撮影の様子

JKT48 3rd シングル「恋するフォーチュンクッキー」について

この3rdシングルは、AKB48(以下AKB)の32thシングル「恋するフォーチュンクッキー」と同時発売で、JKT48(以下JKT)にとっては初めてのこと。JKTのCD収録曲やパフォーマンスはすべてカバーだった。7月にインドネシア国内五カ所で行われたコンサートでのサプライズで、JKTオリジナル曲の発表がされるのではと、ファンの間では予想されていた。そのツアー最終日のジャカルタコンサートで発表されたサプライズの一つが、このシングル「恋するフォーチュンクッキー」のAKBと同時発売だった。
JKTオリジナル曲は実現しなかったが、同時発売ということでお下がりではないということに非常に意味がある。

JKT版のセンターは、はるごんこと仲川遥香。海外でがんばったことが報われた瞬間の一つだったはずで、現地のファンもほとんどが祝福の言葉をツイートしていた。発表されたのは22日の「JKTメンバーと一緒の断食空け食事会イベント」だったんだけど、撮影や録音のスケジュールはもっと早くから進んでいたはずなので、言いたくてうずうずしてたんじゃないかな。当日の会場ではとても盛り上がった。その様子もそのうちレポートします。

撮影に集まったメンバーで今回の選抜メンバーが分かった。
Team J:
はるか (センター)
メロディ
ナビラ
フェランダ
あきちゃ
レナ
キナル
ソニア
アヤナ
シャニア
ベビー

Team KIII:
ナオミ
ロナ
ユッピ
イカ
デラ

ソニアとイカ、デラは初の選抜。
ステラとフィニが選抜落ちの悲しみをツイートしてた。

ファン参加MV撮影レポート

さて先週の土曜日、7月27日は、JKT48 3rd シングル「恋するフォーチュンクッキー」ファン参加PV撮影の日だった。
PV撮影参加のエキストラは、公式ファンクラブメンバーに向けての事前募集がメールにて行われた。そのメールには全4セッションで、応募してメールがかえってきた人のみに集合時間と場所が連絡された。
セッション①はJKT劇場の前、セッション②はJKT48劇場内部セッション③はブロックSという場所の屋外フットボール場、セッション④はプラザスナヤンというショッピングモール前にある広場だった。
ぼくはすべて参加する予定だったものの、痛恨の寝坊によりセッション④のみの参加となった。

セッション④待機 インドネシア人ファンと談笑

事前の予定では午後2時半からエキストラ向けのブリーフィング(たぶんダンス教えるの込み)となっていたのだけど、すべてのセッションで撮影が遅れたようで、結局セッション④が始まったのは午後4時頃だった。セッション④に関しては、屋外撮影にも関わらず雨が全然やまず、撮影できるのかと心配になった。待機場所はプラザスナヤン広場横のスターバックス。

三時頃にマネージャーらしき人物と一緒にチームJメンバーの高城亜樹(以下あきちゃ)と仲川遥香(はるごん)が、スタバ近くまでちらっと様子を見にきてた。本当にちらっとだったのでファンからも気づかれてなかったけど、手を振ってみたら振返してくれた。衣装のままだったので、ショッピングモールでたまたま居合わせた事情を知らない人からは変な目で見られただろうな。

ぼくは午後1時頃から広場の横にあるスターバックスで待機していて、二時半頃に、セッション②と③に参加していた友人と合流、撮影開始まで談笑していた。彼の話によると屋外撮影のセッション③が始まってすぐに雨が降ってきて、1テイクしかとれなかったらしい。彼は集まったファンと「フェとナオミが一緒にいるからだよ」と話していたという。理由を尋ねると「フェランダのあだ名が "badai"(嵐って意味らしい)で、その理由が美しすぎるから」らしい。美しい人が雨を呼ぶ的な格言でもあるんだろうか。ナオミは「名前がツナミ(津波)に似てる」とのこと。よくわからん。

待機場所がスターバックスの横っていうのは、断食中のムスリムに配慮が無さすぎるのでは、、、という気もした。

この日、JKT劇場で推しのフィニも出演のミート&グリートイベントがあって、MV撮影の後にいくつもりだったが、雨による遅延でどちらか一つを選ぶはめになった。MV撮影に参加できる機会は貴重なので、ミート&グリートは断念。選抜落ちしたフィニを励ましてあげたかったけど、それはまたの機会に。




f:id:mori17:20130730131309j:plain
写真:ツイッターアカウント@ABS_Projectより
広場での撮影風景

撮影開始

結局雨が上がったのが4時頃ですぐに撮影スタート。え、ちょっとまってセッション④からだからダンスのブリーフィング受けてないしあんまりちゃんと踊れないんだけど。。。とか思ってるうちに撮影が始まった。
あと、始まるちょっと前に某民放放送局の人に声をかけられて取材された。「AKBと比べてJKTはどうか?」という半端じゃなくふわっとした質問をされて、しどろもどろになってしまった。取材自体は英語だったけど日本語でも答えるの難しいわ。たぶん使われないけど、番組名も聞いたので放送を楽しみにしておく。    

撮影は計2カット行われた。
メンバー全員が集まって、その後ろにファンが集まる構図で1曲通し撮影が一回。
撮影場所をざっくり図にするとこんな感じだった。

f:id:mori17:20130730021425j:plain

2カット目はメンバーが細かく別れ、ファンと向き合う形で一曲通し撮影の計2カットの撮影があった。メンバーが別れたときはあきちゃの真ん前になったので踊ってるとこを近くでみれた。そのカットがPVに使われてたらいい記念だ。2カット目ではビデオカメラでなくデジタル一眼を持ったスタッフが何人も撮影していたような気がする。

f:id:mori17:20130730123133j:plain


上記の図を見ていただけるとわかるように、ぼくはあきちゃの近くだったので撮影始まる前やカットの合間に少し話すことができた。ぼくのこと覚えてくれてたみたいで、目が合ったときに手を振ってくれた。めっちゃ暑いですね、と話しかけたら「あつくてとけちゃいそう」って言ってた。体調は悪くなさそうなので、よかった。忙しい駐在員に比べても、日本とインドネシア行き来してる数は多いはずなので、しんどいだろうけどがんばってほしい。撮影でポジションが近いメロディーとも合間に色々話してたので、徐々にコミュニケーションもとれてきてるように見える。

ファンと向かい合って踊るときには、ファンの手本になるように左右対称逆(鏡見てる感じで)で踊ってたような気がした。これってしっかり覚えてないと難しいんじゃないかな。ダンスのことよく分からんけど。


[Fancam] Making PV JKT48 - koisurufortunecookies ...
[Fancam] Making PV JKT48 非公式なのでそのうち削除されると思うけど。

はるごんのダンスがかなりあれな感じで、センターなんだからもうちょっとがんばってもいいのでは、、、って感じだったけどそれが味なのかな。隣にいたのが手足の長いシャニアだったのもイマイチ感が際立っていた要因かも。

最後にメンバーが集まったファンに御礼を述べて終わり。キナルが「暑い中来てくれてありがとうね〜」って言って回ってたのが印象的だった。しっかりしてキャプテンぽいぞ。

あと、ぼくの近くにいた若い男の子のファンが「しまった、断食をやぶってしまった!」と冗談めかして叫んでた。断食は食事断ちだけでなくて煩悩をもったらいけないのに、あきちゃの露出度高い衣装をえろい気持ちで眺めてしまったらしい。うける。

以上、JKT48 3rdシングル「恋するフォーチュンクッキー」ファン参加MV撮影レポートでした。


追記)
シングル発売後MVを見てみたところ、わずか2、3秒ながら映っている自分を発見。記念にキャプチャしたのが下の写真。
f:id:mori17:20131207003824p:plain